peak&pineの連載ブログ
サップヨガとは?得られる効果や持ち物、おすすめの服装を紹介

サップヨガとは?得られる効果や持ち物、おすすめの服装を紹介

近年、注目を集めている「サップヨガ」とは、
「ヨガ」とハワイで発祥した「サップ(SUP)」を組み合わせたマリンアクティビティです。

水上レジャーとして楽しみながらインナーマッスルを鍛えられるなどのメリットがあり、
サップヨガに挑戦してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、サップヨガの概要や得られる効果、
サップヨガを行なう際に必要な持ち物やおすすめの服装を紹介します。
サップヨガに適したALBOVEのおすすめウェアも紹介するので、併せてチェックしてみてください。

目次

■サップヨガとは?

そもそも「サップ(SUP)」とは、
「Stand Up Paddle board」を略した言葉で、1960年代のハワイ発祥といわれています。
具体的には、サーフボードよりも大きいボードの上に立ち、パドルを用いてクルージングや波乗りを楽しむマリンアクティビティです。

そして「サップヨガ(SUP YOGA)」とは、ヨガとサップを組み合わせたもので、
サップと同様に大きいボードに乗り、水上で行なう新感覚のヨガを指します。
広い海や湖などで行なうため、いつもとは違った解放感を味わえるでしょう。

サップヨガでは、不安定な水上でボードから落ちないよう、バランスを保ち続けなければなりません。
全身を使ってバランスをとりつつヨガを行なうため、自宅やヨガスタジオなどの地上で行なう通常のヨガよりも、
インナーマッスルや細かい筋肉を鍛えやすいと考えられています。

サップヨガは、趣味やエクササイズとして、または旅行先でのレジャーとしても楽しむことが可能です。

■サップヨガを行なうメリットや効果

サップヨガを行なうことで、次のようなメリットや効果が得られると考えられています。
それぞれ見ていきましょう。

◇インナーマッスルを鍛えることができる

インナーマッスルとは、体幹をはじめとした体の深層部分に位置する筋肉の総称です。
バランスをとるのが難しいボードの上では、姿勢を保つだけでも普段はあまり使わない筋肉を使うため、
全身のインナーマッスルや細かい筋肉を鍛えることができます。

例えば、ボードの上に立つポーズでは、太ももの内側に位置する「内転筋群」やお尻の表層に位置する「大臀筋」、
太ももの裏側の付け根から膝裏にかけての「ハムストリングス」などの引き締めが可能です。

このことから、サップヨガはエクササイズ要素が強いヨガだといえるでしょう。

◇リラクゼーション効果が得られる

広い海や湖などで行なうサップヨガは、
太陽の光や水の音、雲の動き、水面に映る景色などの自然を感じながらヨガに取り組めるため、高いリラクゼーション効果を期待でます。
特に、レッスンの最後に行なわれることの多い「屍のポーズ」などは、ボードの上に横なって水面に揺られる状態になるため、心地良さを感じられるでしょう。

◇集中力がアップする

不安定な水上のボードの上では、しっかりと集中できていないとバランスを崩し、海や湖に落下してしまいます。

バランスを保ちながらさまざまなポーズをとるには、手足の先まで意識しなければなりません。
加えて、風向きや波の変化などにも気を配る必要があるため、サップヨガは通常のヨガよりも集中力を高めやすいと考えられます。

◇体の歪みを改善する効果がある

サップヨガを行なっている間は、自然に囲まれながら穏やかな波に揺られることで、体の緊張やコリがほぐされていきます。
そのうえで、バランスを保つのに必要な筋肉が徐々に鍛えられていくため、サップヨガを楽しむうちに体の歪みの解消につながるでしょう。

■サップヨガを行なう際におすすめの服装と持ち物

サップヨガとは?得られる効果や持ち物、おすすめの服装を紹介

サップヨガを行なう際に必要な持ち物と、おすすめの服装・適さない服装について解説します。

◇必要な持ち物

サップヨガに必要な持ち物は、おもに以下の7点です。

•日焼け止め
水上では日差しを遮るものがないため、短時間でも日焼けしてしまう可能性があります。
日焼け止めはウォータープルーフのように、水に濡れても落ちにくいタイプのものを使用するとよいでしょう。
または、飲むタイプの日焼け止めを活用する方法もあります。

•帽子
日焼け止めを塗ったうえで帽子を着用すれば、より日焼け対策効果が高まります。UVカット機能の付いた帽子を選びましょう。

•マリンシューズ
軽量かつ水辺でも滑りにくいマリンシューズは、マリンアクティビティにぴったりです。速乾性にも優れているため、快適にサップヨガを楽しめるでしょう。

•ラッシュガードまたはパーカー
ラッシュガードやパーカーも、日焼け対策として用意しておくことをおすすめします。また、肌寒いときに羽織れば、防寒アイテムとしても活用できるでしょう。

•タオル
海や湖で濡れた体を拭いたり、シャワーを浴びたあとに使ったりするため、複数枚のタオルが必要です。
バスタオルやフェイスタオルを用意しましょう。

•ドリンク
水分補給のための飲み物は欠かせません。特に夏場は飲み物を多めに用意して、熱中症にならないよう注意してください。

•着替え
サップヨガではウェアが濡れてしまうため、着替えの用意が必要です。
なお、周辺には更衣室がないケースが多いと考えられるので、着替えやすい服を選びましょう。

また、濡れたウェアを入れる袋も持っておくと便利です。

◇サップヨガにおすすめの服装

水上で行なうサップヨガでは、水陸両用のヨガウェアやラッシュガードなど、水に濡れても良い服装がおすすめです。
例えば、以下のようなコーディネートが考えられます。

トップス:水陸両用ヨガウェアのTシャツまたはタンクトップに、ラッシュガードを羽織る
ボトムス:水陸両用ヨガウェアのレギンスとショートパンツを重ね履きする

サップヨガでは日差しを避けられないため、日焼け対策として上記で挙げたラッシュガードのほかに、UVカット機能の付いた薄手のパーカーなどもおすすめです。
いずれも長袖タイプのものを選び、紫外線から肌を守りましょう。

◇サップヨガに適さない服装

サップヨガに適さない服装としては、水に濡れると重くなりやすい、デニム素材やドレープ付きのものが挙げられます。
また、ゆったりとしたシルエットや装飾の多いアイテムも、動きにくくなるためあまり適していません。

思うように体を動かせないと、サップヨガに集中できなくなってしまうため、体にフィットしつつ伸縮性に優れたトップス・ボトムスを選んでください。

体験プランによってはウェアをレンタルできるところもあるため、サップヨガに適した服がない場合は、レンタルが可能かどうかを確認してみるとよいでしょう。

■サップヨガにおすすめのウェアを紹介!

最後に、サップヨガにおすすめのウェアとして、ALBOVEのトップスとボトムスをそれぞれ紹介します。

◇トップス

サップヨガにおすすめのトップスは、次の3点です。

フラワープリントブラトップ(223058)

フラワープリントブラトップ(223058)

華やかで品のある、フラワープリントのブラトップです。
フィット感抜群の「フィットカップ」を内蔵したブラが、しっかりとバストをサポートしてくれるため、サップヨガなどのアクティブシーンでも安心して着用できます。

すっきりとしたデコルテラインとコンパクトなデザインを活かし、さまざまなトップスとの組み合わせを楽しむのもよいでしょう。
同じシリーズのボトムス(フルレギンス)も以下で紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

 サイズ:M
 カラー:ブラック
 価格:12,100(税込)

フラワープリントブラトップ ¥12,100

線画フラワーノースリーブブラトップス(213047)

線画フラワーノースリーブブラトップス(213047)

マットなスムース生地に繊細なタッチの花が描かれた、ノースリーブのトップスです。
アンダーの生地はしっかりとしており、かつ胸元をカバーするデザインのため、肌の露出を控えた上品な印象になります。

サップヨガの際はレギンスやパンツと、タウンユースではリゾートアイテムなどとコーディネートするのもおすすめです。

 サイズ:M
 カラー:オフホワイト、ネイビー
 価格:12,100(税込)

フラワープリントブラトップ ¥12,100

エコ素材UVカットパーカー/ラッシュガード(205410)

エコ素材UVカットパーカー/ラッシュガード(205410)

UPF50+のUVカット機能が付いたフード付きジャケットです。
生地はペットボトル再生糸を使ったリサイクル素材を使用しており
ゆったりと着られるサイズ感はさらっと羽織りやすく、体型カバーもしてくれます。
リゾート地や機内でのちょっとした羽織りとしても役立ちますので
紫外線、冷房からの冷気もしっかり肌を守るアイテムです。

 サイズ:M
 カラー:ホワイト、カーキ、ブラック
 価格:14,300(税込)

エコ素材UVカットパーカー/ラッシュガード ¥14,300

◇ボトムス

サップヨガにおすすめのボトムスは、次の3点です。

フラワープリントフルレギンス(223061)

フラワープリントフルレギンス

ブラックの生地に幻想的なカラーの花をプリントすることで、立体感のある印象になるフラワープリントのフルレギンスです。
ハイウエストデザインにより、お腹周りや腰周りの気になる部分をカバーできるほか、動いてもずれにくくなっています。

サップヨガの際には、水陸両用のショートパンツと重ね履きするのがおすすめです。
ラフなTシャツなどと組み合わせれば、タウンユースでも活躍するでしょう。

 サイズ:M
 カラー:ブラック
 価格:12,100(税込)

フラワープリントフルレギンス ¥12,100

バイカラーショートレギンス(223052)

バイカラーショートレギンス

厚みのある生地で透ける心配なく着用できる、バイカラーのショートレギンスです。
すっきりと見える短めの丈と、両サイドの配色の切り替えによって、高い美脚効果を得られるでしょう。

ハイウエストデザインなので、ブラトップスやクロップドトップスと合わせると、バランスの良いコーディネートになります。
水陸両用の素材によって、サップヨガはもちろん、デイリーウェアとしても着回せるトレンドアイテムです。

 サイズ:M
 カラー:ベージュ、ブラック
 価格:6,600(税込)

バイカラーショートレギンス ¥6,600

UVカットジョガーパンツ(213040)

UVカットジョガーパンツ213040

レギンスの着圧感や締め付けが苦手な方には、ジョガーパンツがおすすめです。
こちらのジョガーパンツはUPF50+で高いUVカット効果があり、サップヨガを行なう際など、屋外での紫外線対策に役立ちます。
速乾性にも優れているため、ベタつきやムレを感じにくく、快適に体を動かせるでしょう。

また、幅広のハイウエストとフロントのタックによって、下半身の細見え効果も期待できます。
ゆったりとした着心地でもシルエットはすっきりしているため、動きやすさと体型カバーを両立可能です。

 サイズ:M
 カラー:チャコールグレー、ブラック
 価格:13,200(税込)

UVカットジョガーパンツ ¥13,200

■まとめ

サップヨガとは、海や湖などの水上で、大きいボードに乗って行なうヨガのことです。
リラクゼーション・集中力アップといった精神面へのプラス効果と、インナーマッスルの強化・体の歪み改善といった体へのプラス効果があります。

サップヨガを体験する場合は、水陸両用ヨガウェアなどの水に濡れても良い服装と、以下の7つの持ち物を準備しましょう。

1. 日焼け止め
2. 帽子
3. マリンシューズ
4. ラッシュガードまたはパーカー
5. タオル
6. ドリンク
7. 着替え

サップヨガに適した手持ちの服がない方は、レンタルもしくは新たに購入するのがおすすめです。

ALBOVEでは、サップヨガにおすすめのウェアを豊富にそろえています。
好みのウェアを見つけ、心も体もリフレッシュできるサップヨガを楽しみましょう。

ALBOVEオフィシャルページ

▼関連記事もチェック
冬のヨガにおすすめの服装とは?ウェアの選び方やおすすめ商品を紹介
ヨガの呼吸法とは?効果や種類、行なう際のポイントもご紹介
ヨガ初心者のための服装の基本!ヨガに向く服・向かない服
ヨガレギンス・ヨガパンツの選び方|ヨガが楽しくなるおすすめ商品も紹介!
ヨガ初心者必見!初めてのヨガで準備すべきものとは?
リストラティブヨガとは?特徴や効果、自宅で簡単に行なえるポーズ5選を紹介
パークヨガとは?必要な持ち物や服装、おすすめのヨガウェアを紹介
ヨガに必要な持ち物とは?基本・ホットヨガ・屋外ヨガに分けて紹介

POPULAR人気の記事

  • FASHION, ITEMS【2022年】レディース水着の種類をトレンドからベーシックまで一挙ご紹介!
  • HOW TO女子だけの秘密…水着を着る時の必須アイテム「パッド」のバストメイク術!
  • FASHION, RECOMMEND, TREND【2022年最新】骨格別おすすめ水着特集♡自分に似合う水着の見つけ方!
  • FASHION, RECOMMEND, TRENDお洋服感覚で着られる!露出少なめで体型カバーもできる可愛い水着特集♡
  • HOW TO, RECOMMENDおすすめの服装は?サウナイベントや屋外サウナでの必須アイテムをご紹介!

ARCHIVES過去の記事一覧